Medical
診療案内

予防接種

定期接種

ヒブ(インフルエンザ菌)

《対象》生後2か月から開始。3から8週間隔で3回接種します。7か月以上後に4回目を追加接種して完了です。5歳未満は公費負担(無料)です。

《疾患の説明》乳幼児期に髄膜炎や喉頭蓋炎など重症感染症を起こす菌です。これらの疾患は命に関わることや後遺症を残すこともある重篤な疾患です。

肺炎球菌

《対象》生後2か月から開始。3から8週間隔で3回接種します。2か月以上後、標準的には1歳から1歳半に4回目を接種して完了です。5歳未満は公費(無料)です。

《疾患の説明》乳幼児期に敗血症や髄膜炎を起こします。肺炎や中耳炎の原因菌としても多いです。ワクチンは主に前者を防ぐ目的で行われています。

4種混合

《対象》生後3か月から開始。3から8週間隔で3回接種します。6か月以上後、標準的には1年から1年6か月後に4回目を追加します。7歳6か月までに完了するようにしましょう。

《疾患の説明》4種とは、ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオを指します。ジフテリアとポリオは国内での感染はほとんどありませんが過去には重症者が出ていました。百日咳は乳児では重症の咳や呼吸困難で命に関わることもあります。破傷風は怪我をした傷口から菌が入り、痙攣や麻痺をきたす死亡率の高い疾患です。

BCG

《対象》1歳までに接種します。ヒブ、肺炎球菌、4種混合の接種がひと段落する生後5か月以降に接種することが多いです。

《疾患の説明》結核を予防します。結核は成人では肺結核の長引く咳や熱が有名ですが、乳児では全身に結核菌がめぐって髄膜炎や粟粒結核という致死的な疾患を起こします。

麻疹・風疹(MR)

《対象》1歳から2歳に初回接種をします。2期は小学校入学前の1年間に行います。

《疾患の説明》麻疹は発熱、発疹から肺炎や脳炎などの合併症をきたす疾患で、非常に強い感染力があります。風疹は‘3日はしか’とも呼ばれた発熱、発疹をきたす疾患で、妊婦が感染すると赤ちゃんに重篤な障害が出る可能性があります。

水痘

《対象》1歳から3歳までに2回接種をします。2回目は初回から3か月以上、標準的には6か月から1年あけます。

《疾患の説明》みずぼうそうとも呼ばれるウィルス感染です。全身に水疱疹が多発し、重篤な状態にいたることもあります。帯状疱疹も同じウィルスが原因で発症します。

日本脳炎

《対象》生後6か月から7歳半まで接種可能です。標準的には3歳で2回(1から4週間隔)、その後に6か月以上あけて4歳頃に1回接種します。9から12歳に第2期の接種を追加します。

《疾患の説明》蚊が媒介する日本脳炎ウィルスの感染で、急性脳炎を引き起こします。半数程度の方が後遺症を残す、治療法のない重篤な疾患です。日本での発症はきわめて稀ですが、東南アジアなどで流行があります。

2種混合

《対象》11歳以上13歳未満に1回接種します。

《疾患の説明》4種混合に入っているジフテリアと破傷風について追加接種します。

任意接種

ロタウィルス

《対象》ロタリックス(1価)は生後24週までに2回、ロタテック(5価値)は生後32週までに3回、生ワクチンを飲みます。初回は14週までに始めて、4週以上あけます。

《疾患の説明》ロタウィルスは乳児の胃腸炎を起こす代表的なウィルスです。嘔吐がひどく水分がとれなくなると脱水になり重篤な状態になります。小さい子ほど入院して点滴する必要性が高くなります。胃腸炎関連けいれんや脳炎を合併することもあります。

B型肝炎

《対象》生後2か月から接種できます。初回から4週以上あけて2回目、さらに20-24週あけて3回目が標準的な方法です。

《疾患の説明》代表的な肝炎を起こすウィルスです。感染がつづくと慢性肝炎、肝硬変や肝ガンになることもあります。

おたふくかぜ

《対象》1歳から接種できます。MRワクチンと同様に1歳頃と5-6歳の2回接種が薦められています。

《疾患の説明》ムンプスウィルスの感染で、発熱や耳下腺(耳の下にあるだ液腺)の腫れが特徴です。頭痛をきたす髄膜炎や難聴や精巣炎など重い合併症もあります。

乳幼児健診

乳幼児健康診査(健診)は、赤ちゃんが健康に順調に育っているか、成長や発達のうえでの心配ごとや病気はないかなどを調べ、赤ちゃんそれぞれにあった子育てのアドバイスをする場です。

健診はふだんの悩みごとや心配ごとを、専門家やよそのお母さんたちと話しあうよい機会です。健康チェックや育児相談の場として定期的に受診しましょう。