やけどをしたときのお家での対応

お家でできること
  • 手足をやけどした場合は、水道水やシャワーなどの流水で10分以上冷やします。
    水の勢いは強くしないようにしましょう。
  • 服の上から焼けどした場合は、脱がせず上から水をかけます。
    無理にぬがせると、皮膚がはがれることがあるので注意しましょう。
  • 耳や目など水をかけられない部分をやけどした場合は、氷や保冷財を包んだ冷たいぬれタオルをこまめに交換しながら
    冷やします。
  • やけどをしたところを冷やしながら、病院に行きましょう。

みるポイント

  • *やけどの範囲
  • *やけどの重症度
    • 1度…皮膚が赤くなっている状態
    • 2度…水ぶくれができている状態
    • 3度…皮膚が白くなったり黒くこげた状態
やけどの原因
炊飯器の蒸気口、電気ポットのお湯、熱い飲み物、
ストーブやヒーター、こたつ、アイロン、電気スタンドの電球、花火など
低温やけどに要注意!
ホットカーペットや携帯用カイロ
などによる低温やけどは、
軽症に見えても深い部分までに
やけどが進行していることがあります。