下痢があるときのお家での対応

赤ちゃん

下痢は、いろいろな原因によって腸の動きが活発になるとともに、腸の水分吸収が悪くなったり、
腸液の分泌が増える
ことで、水分の多い便が頻回に排泄されることによって起こります。
下痢は基本的に体を治そうとする反応のひとつです。

無理に止めようとするとお腹の中でウイルスや菌が密閉されてしまい、治癒を遅らせてしまうこともあります。
そのため、自分の力で治ってくるのを待つことも大切になります。

また、下痢以外の症状がないか確認しましょう!※下痢の時はおしりがかぶれやすいです。

脱水症状に注意しましょう

赤ちゃんや子どもは、おとなに比べると体の中の水分の割合が多いため、
嘔吐・下痢の状態が長く続くと脱水になりやすいので、注意が必要です。
☆軽い脱水症状の徴候がみられたら受診しましょう!

軽い脱水状態

口の中が乾いてネバネバしている、尿の回数や量が減る

症状が重くなると

皮膚のはりがない・お腹の皮膚がシワシワ・ぐったりする・反応がにぶい・熱っぽい・顔色が悪い

水分をとりましょう!

下痢が続くときは、無理に食べものを与えずに水分を中心に与えるようにします。

食べたり飲んだりすると、その刺激で腸の蠕動運動が始まり、腹痛がでたり下痢がひどくなる場合があります。
症状がつらいようであれば、食事はいったん中止して、水分のみで様子を見ましょう。

吐き気がない場合

湯ざましやお茶、冷たくないイオン飲料(アクアライト・OS-1・ベビー用ポカリ等)

控えたほうがよいもの

柑橘系のジュースや乳酸飲料、牛乳

1回の下痢の量=体重10kgあたり100ccほど
嘔吐や下痢でお医者さんから水分補給の指示があったら、上記のように1回分を参考にして、失った水分をお口から補給しましょう。
その時は、電解質(ナトリウムやカリウムなど)と糖分の入った水分をとることをお勧めします。

食事のすすめかた
  • 硬さの目安は便と同じ硬さです。
  • 便が水のような時は水分を中心にし、便がドロドロの時はドロドロの食べ物(お豆腐・野菜スープ・バナナの裏ごし・人参かぼちゃの煮つぶしなど)を、便が柔らかい程度なら柔らかい食べ物(おかゆ・柔らかく煮たうどん・白身魚の煮つけ・鶏ささみ・野菜の煮つけなど)を目安にしましょう。
区分 おすすめできる食品 避けた方がよい食品
穀類 おかゆ、うどん、トースト ラーメン、すし
いも類 じゃがいも、さといも さつまいも、こんにゃく
豆類 豆腐、みそ 大豆、あずき、油揚げ
半熟卵 生卵、固ゆで卵
肉類 脂肪の少ないもの(ささみ) 脂肪の多いもの
(ソーセージ、ハム、ロース、バラ肉、ベーコン)
菓子類 卵ボーロ、ウエハース、
離乳食用せんべい
ケーキ、ナッツ、アイスクリーム
魚介類 脂肪の少ない魚(白身魚)
(たら、たい、かれい、しらす)
脂肪の多い魚
(さば、さんま、かまぼこ、干物、貝類)
野菜類 やわらかく煮た野菜
(大根、かぶ、ほうれん草、キャベツ)
繊維の多い野菜
(たけのこ、ごぼう、きのこ類、海草類)
果実 りんご、バナナ なし、パイナップル、いちご、柑橘類
下痢の回復期の食べもの

できるだけ加熱調理した炭水化物を与えましょう。

  • おかゆ
  • うどん
  • トースト
  • パン粥
受診の目安
  • 脱水かな?と感じたとき、顔色が悪く(白っぽく)ぐったりしているとき
  • 激しい腹痛があるときやお腹がはっているとき
  • 嘔吐や下痢の回数が多い、血便(苺ジャム・ゼリー状)を認めるとき
  • 機嫌が悪く、水分を受けつけないとき
  • 胃腸炎でけいれんを起こすことがあります、意識・反応がおかしいなどの症状があれば救急車を要請しましょう!

おしりのスキンケア

下痢をしているときの基本は、こまめにオムツ交換をすることです
  • 1.1日に1~2回、石鹸の泡でやさしくおしりを洗ってあげましょう。
  • 2.頻回に洗わないことがポイントです。
  • 3.洗ったあとは、ベビーオイル(おしりかぶれ用の軟膏)をたっぷりと塗って、便がおしりの皮膚に直接つかないように保護しましょう!
  • 4.うんちをしたときは、ベビーオイル(または、市販の『サニーナ』を使い)をおしり拭きに含ませてうんちをつかみとるようにして取りましょう!これはおしりの皮膚の刺激を与えないためです。
  • 5.おしりの皮膚に赤みが増したり、ただれていたりするような場合はかかりつけ医へ相談しましょう。
感染防止
  • 兄弟や家族内で同じ症状になることがあります。
    感染の拡大を予防するために、後始末が大切です!もちろん、手洗いはしっかりしましょう!
  • 汚物が下着やタオルについたときは医療用ハイター、ミルトンなどの“次亜塩素酸”が入っているものにつけてから洗濯するといいでしょう!