ヘルパンギーナとは

夏に流行する風邪の一つで、原因はウイルスでコクサッキーA群・B群です。
突然39℃以上の高熱がでた後、3~5日続きのどの奥のところに口内炎がたくさんできます。
のどがとても痛く、ごはんが食べられなくなり、赤ちゃんの場合は機嫌がとても悪くなります。

お家でできること

水分が十分にとれないと、脱水症になって点滴や入院が必要になることがあります。
また、くしゃみや、唾液、便などの飛沫・接触を通じて感染しますので、手洗いを十分に心がけましょう

赤ちゃん

  • 発熱 高熱が続きますので、熱によるつらさ(「食事・水分がとれない」「眠れない」「つらそう」など)を楽にするために解熱剤を上手に使ってあげましょう。
  • 食事 のどが痛いため、プリンやゼリー、うどん、とうふ、スープなど刺激の少ない、のどにやさしいものを選んであげましょう。
  • 水分 食事がとれなくてもお茶、子ども用イオン飲料などで水分をとりましょう。
    1回に多く水分がとれなくても、少しずつ回数を増やしてあげるとよいです。
  • 入浴 熱があるときは湯船に浸かると体力を消耗するため、入浴は避け体を拭いてあげましょう。
    シャワーで汗を流してあげるのもいいでしょう。
治療

ウイルス感染のため、根本的に治療する薬剤はありません。そのため、高熱時には解熱剤やのどの痛みを和らげる薬などが処方されることがあります。

保育所・幼稚園・学校について

発熱期や食事がとれない間は、休ませます。
完全に解熱し、十分に食事が摂れれば登園・登校可能です。