咽頭結膜熱(プール熱)について

夏に流行する風邪の一つで、原因はアデノウイルスです。
突然、39℃以上の高熱がでます。4~5日続き、のどが腫れて痛くなり、目が赤くなります。

お家でできること

目の赤みが強い時は、目の表面に傷が残ることがあるため、眼科医の診察を受けて下さい
また、くしゃみや、眼脂、便など飛沫・接触を通じて感染しますので、手洗いを十分に心がけましょう
タオルも共有しないように気をつけましょう!

  • 発熱 高熱が続きますので、熱によるつらさ(「食事・水分がとれない」「眠れない」「つらそう」など)を楽にするために解熱剤を上手に使ってあげましょう。
  • 食事 のどが痛いため、プリンやゼリー、うどん、とうふ、スープなど刺激の少ない、のどにやさしいものを選んであげましょう。
  • 水分 食事がとれなくてもお茶、子ども用イオン飲料などで水分をとりましょう。
    1回に多く水分がとれなくても、少しずつ回数を増やしてあげるとよいです。
  • 入浴 湯船に浸かると体力を消耗するため、入浴は避け体を拭いてあげましょう。解熱し、つらくない時にシャワーで汗を流してあげるのもいいでしょう。
治療

ウイルス感染のため、根本的に治療する薬剤はありません。そのため、でている症状を楽にするための薬を処方します。

保育所・幼稚園・学校について

ほかの子どもにもうつるので、熱がさがり、目の赤みがなくなり、のどの痛みが取れ、医師の許可がでるまでは休ませます。
(熱、目の赤み、のどの痛みが消えてから2日間は登園・登校できません)